目下、自然酵母パンにはまっていらっしゃる。自分で焼いて要るわけではありませんが買って来る。

元来酵母パンがこんなに美味いものだは知らなかったことに後悔してある。ぼくが購入しているベーカリー様は「あこ元来酵母」を使っていますがパンの香りがいつまでも残っていて、あしたにトーストするとどんどん焼き上りの香ばしさが余計蘇ります。パンはひとたび、香りから食らう夕食だと気づかせてくれたのがこういうベーカリー様でした。社主様に伺うと「イーストパンは焼き上りから衰弱が始まるが、うちの元来酵母パンは焼き上りから熟成が始まる」のだそうです。なるほどと思いました。バターもジャムも何もいりません。丸々香りを楽しみながら召し上がるか、あしたにトーストしてオリーブオイルをワンポイントにするかだけで大満足です。クロワッサンか素焼きパン、カンパーニュがいつまでも飽きが来なくてどうしても買ってしまう。戯画でしか見ていないのでどうにかは思いますが、アルプスのお嬢さんに顕れるペーターのおばあさんが食べにくみたいとしていたパンはカンパーニュだったようなことを聞いた記憶があります。真相はわかりませんが硬い郷里パンだったのでしょう。ぼくが買い求めるカンパーニュは食べやすく小麦といったブレンドしているとは思いますがでもほんの少しだけでもおばあさんの考えを楽しめるかなと、などそのケースを思い起こしたりします。こういうベーカリー様にはこういう味わいを変えないでいつまでも続けてほしいといった願いながら、感謝しながら翌日も買いに行こうと思っています。目の下のクマ専用のクリームを紹介