おとうさん大好きのストーリー

母親がいない『あやの』は父親とずっと2人っきりで暮らしてきた。
近所や友達からは仲のいい親子だと思われている。
しかし、『あやの』と父親は実の親子なのにそれ以上の関係で結ばれていたのだ。
禁断の背徳エッチを楽しめる。
それが『おとうさん大好き』の物語。

 

母親がいない『あやの』にとって、父親の存在は大きかった。
子供の自分を守ってくれる父親の存在は、幼い『あやの』に淡い恋心をもたらしていた。
この気持ちはいずれなくなってしまうもの……
自分でそう思っていたのに、成長するにつれ、父親への気持ちは強くなり、父親ではなく、異性として見るようになっていた。

 

自分の気持ちに戸惑いながらも、気持ちを父親に告白する『あやの』。
このまま自分の気持ちを隠したまま親子関係を続けることはできない。
そう思ったからだ。

『あやの』の想いを告白された父親は戸惑っていた。
娘が自分に対してそんな気持ちを持っているとは知らなかったからだ。
可哀そうだが断らなければいけない……

 

そう想ったが父親はできなかった。
『あやの』の純粋な気持ちと妻を思い出させる女の身体が父親の判断を鈍らせていたからだ。

『あやの』の気持ちを受け入れ、身体を求める父親。
好きな人に自分の身体を悦んでもらっている……
オンナとして……『あやの』は最高の気分は味わっていた。

実の親子でこんな関係を続けることは許されることはない。
そう思っても父親と『あやの』の関係が止まることはなかった。
何度も何度も膣内に精液を注ぎ込み、孕ませていくのだった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました